マガジンのカバー画像

Well-being記事まとめ

15
一般のクリエイターの方や、幅広い業種の企業様の「ウェルビーイング」に関する記事をまとめています。多様な視点でのピックにご期待ください。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

多様な視点で発信します!

マガジン「Well-being記事まとめ」について、ご紹介します。 このマガジンは、幅広い業種の企…

#003 ゆっくり、ゆっくり

「どの子にも絶対にいいところがある」 私たちはこのことを強く信じています。子どもたちのい…

幸せを拡げる「SHIAWASEメーク」自分と周りに幸せが伝播するメークって?

こんにちは、「POLAサステナビリティ公式note」です。  今回は、株式会社ポーラ内にある『幸…

〈第2回〉ちょうどいい目標の立てかたって!?[後編]

広告会社である、株式会社 大広様に寄稿頂く連載、2回目です。第1回に続く「ちょうどいい目…

〈第1回〉ちょうどいい目標の立てかたって!?[前編]

広告会社である、株式会社 大広様に寄稿頂く連載がスタートします。日ごろから「ウェルビーイ…

#002 きっかけ

「どの子にも絶対にいいところがある」 私たちはこのことを強く信じています。子どもたちのい…

幸せな男性を増やすには?日常の小さなルーティンと幸福度の関係性

こんにちは。POLA サステナビリティ推進室です。 ポーラの活動を多くの方に知っていただきたいと思い、「サステナビリティ公式note」として発信をしています。 今回のテーマは、株式会社ポーラ内にある『幸せ研究所』が発見した、“男性の幸福度とルーティンの関係性”について。実はこの研究で、「ルーティーンをたくさん持っている男性は幸福度が高い」という事実が判明しました。 「なぜ、男性の幸福度は女性より低くなりやすいのか?」「幸福度を上げるにはどうしたらいい?」 今回はnote

『はたらくWell-being AWARDS 2023 by PERSOL』開催!~“はたらく”ことの先にある“…

パーソルホールディングスは、この1年間でもっとも「はたらくWell-being」を体現していた方に…

14

#001 人生を変えた言葉

「どの子にも絶対にいいところがある」 私たちはこのことを強く信じています。子どもたちのい…

【Well-Being×放課後】子どもたちの幸福度を上げる!放課後が持つ可能性と…

インターネット番組「MONOSASHI」にて、「Well-Being×放課後」をテーマに子どもたちの幸福度…

幸せ研究でわかったことと美容ルーティン5か条

こんにちは、「POLAサステナビリティ公式note」です。 今回は、ポーラ幸せ研究所で行っている…

幸福度を上げる方法、路上で見付けました

今日は〝ぽかぽか〟の正体について迫ろうと思う。 先週、人生で初めて「地獄に仏や」と呟かれ…

森井悠太
3年前
978

幸福度を高める休日の “計画”

column vol.1058 GW以来の久しぶりの連休がやってきますね。 三連休をどう過ごそうかと、い…

池 辰彦
7か月前
232

デンマーク人が幸せなのは、日本人と幸せの前提が違うから

私がデンマークに来た理由はいろいろあるけど、「なぜデンマークが幸福な国だと言われるのか、実際にこの目で見て知りたい」ということも理由のひとつだった。 高い税率の代わりに教育費や医療費が無料だから?男女平等で女性が働きやすく、子育てもしやすいから? そういうことも一因だとは思う。 でも私がフォルケホイスコーレで生活していて気付いたのは、「デンマーク人はそもそも"幸せの前提"が私たちと違うのでは?」ということだった。 デンマークでは「HYUGGE(ヒュッゲ)」という言葉に象